技術の進歩の結果生まれたカジノゲーム

技術の進歩の結果生まれたカジノゲーム

オンラインカジノは時代の流れとともに発展を遂げてきた歴史があります。

オンラインカジノの歴史そのものはそう古くはないものの、まだまだインターネットが身近ではない時代から存在していました。
実際、1990年代には既にオンラインカジノのソフトウェア会社が登場していましたが、当然その頃はまだまだインターネットが一部の人間のもので、スマートフォンはおろか携帯電話からのインターネットもまだまだ実現していない時代でした。

しかし、時代の流れと共に近年は誰もが当たり前の様にインターネットを楽しんでいます。
特にスマートフォンであれば、面倒なな手続等も不要で、購入したその日から簡単にインターネットを楽しめます。
このように、インターネット技術も進化を遂げていますが、インターネット技術が進化することで、オンラインカジノも進化しています。

ライブゲームの登場

ライブゲームの登場

近年のオンラインカジノのトピックといえばライブゲームの登場なのではないでしょうか。

それまでオンラインカジノはいわば「ゲーム」であり、画面を見ながら一人で楽しむものでした。
大きな利益を狙える点は魅力的ではあっても、画面だけを見れば家庭用のゲームなのか、それともオンラインカジノなのか見分けなどつかないものでした。

これはオンラインカジノ業者側が手を抜いていたのではなく、通信環境を考えるとどうしても簡素な作りにせざるを得なかった事情があります。
もしも当初から流麗なグラフィックのオンラインカジノを作っていたとしても、当時の通信技術では大容量通信が難しかったので、思うような通信ができず、結局ユーザーはストレスを感じるだけでしかなかったことでしょう。

しかし、時代の流れと共に大容量通信も可能になると、オンラインカジノ業者、ソフトウェア会社も通信技術に則ったオンラインカジノの作成が可能になりました。
グラフィック、BGM等にこだわりを持つ業者も多々登場しましたが、その流れの中でライブゲームも登場しました。

ライブゲームとは、リアルな映像でのゲームです。
それまでのオンラインカジノの場合、対戦相手はCPUでした。
しかし、ライブゲームの場合、リアルタイムで対戦相手が目の前にいます。
スマートフォンでも簡単に、誰もが映像を送受信できる時代です。

オンラインカジノとしてリアルな映像を配信し、リアルタイムでゲームを楽しむことも決して不可能ではないのです。

ライブゲームの楽しさとは

ライブゲームはリアルタイムで相手バンカーと対戦するものです。
CPU相手ではなく、映像越しではあっても生身の人間との対戦になりますので、臨場感に溢れています。
駆け引きの妙だけではなく、空気感、プレッシャー。それらはまるで実際にカジノ会場に足を踏み入れたかのような臨場感を味わうことができることでしょう。

また、駆け引きもリアルです。
それもそのはず、生身の人間が生身の人間相手に様々なことを仕掛けてくれますので、それまでのように「ゲーム画面」を見ている時とは比べ物にならないほどの臨場感を楽しむことができます。

ライブ映像配信による遊戯というシステムである以上、ライブゲームが可能なゲームは限られています。
それでも徐々に人気が高まっており、近年はオンラインカジノはライブゲームでしか遊んでいないというプレイヤーも増えつつあります。

ライブゲームだけになることはない

ライブゲームだけになることはない

ライブゲームが増えると、リアリティ、あるいは駆け引きという点では楽しめるようになりますが、それまでのオンラインカジノの魅力であった「手軽さ」が損なわれてしまうのではないかと懸念している人もいるようです。

確かに、ゲームであれば自分の好きな時に初めて好きな時に辞めることができますが、ライブゲームの場合、勝手が変わるのでは?との懸念があるのもよく分かる話です。
しかし、ライブゲームだからといって「最低〇プレイはしなければならない」とは決められていません。それまで同様、自分の好きなように楽しむことができます。

また、ライブゲーム一色になるとも考えにくいです。
オンラインカジノ業者側としても、様々なユーザーに楽しんでもらいたいと考えていますので、ゲームを絞ってユーザーの選択肢を狭めてしまうようなことはないでしょう。
言うなればライブゲームと他のゲームは決して食い合うことなく、異なるニーズを持っていると考えられますので、今後、さらに通信技術が高まっていくとしても、どちらとも残っていくことでしょう。

最後に

ライブゲームは今後オンライカジノの「主流」となっていくであろうことは容易に想像できますが、決してライブゲーム「だけ」になる訳でもないでしょう。

これまでライブゲームにあまり興味がなかったという人は安心できますが、実際に遊んでみるとそれまでのオンラインカジノにはない臨場感があるのも事実なので、まずは軽い気持ちでライブゲームを楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。